包皮小帯(裏スジ)が正常と比較して短ければ

包皮小帯(裏スジ)が正常と比較して短ければ

亀頭部分の先っぽには、尿が出てくる穴が口をあけています。亀頭の裏側になる穴の下部分と包皮をつなぐところに筋のようになっている所があるのがわかります。この小さな組織のことを包皮小帯というわけです。フォアダイスのことをニキビの仲間だ…そんなふうに思っている男性が多いようですが、ニキビみたいに、プチッと潰せばそうやっただけで終了ではないのです。

 

カントン包茎の場合、男性器が大きくなっていないときに先端の皮を引き下ろして亀頭部分を外に出しても興奮が高まったビンビンの勃起時に露出を試みると、亀頭の下の部分に圧迫感があって、痛いことが珍しくありません。醜いいぼができるコンジローマは、1年くらいたてば自然治癒してくれる方もいらっしゃいますが、何回も再発してしまうケースも多い性病です。

 

ウィルスそのものに効果のある治療薬はありませんけど、気になるいぼを無くしてしまうことは可能です。ペニスの手術をやらなくても、仮性包茎を改善する製品もたくさん生産されているので、そういったものを利用するのもOKです。仮性包茎を改善したいのなら、治すための何かを始めましょう。仮性包茎っていうのは、オチンチンの皮が無駄に余っていることなのです。

 

こういった理由でオナニーをする際は、包皮を引っ張るような方法だと、皮が余る仮性包茎になりやすいのは当然です。ずっと恥垢の適切な処理をしていないと、日にちが建っていない頃は固まっていないので、あっという間に落とせますが、そんなやり方が困難になるほどカチカチになったりなんてことも珍しくないのです。カントン包茎である男性だと、男性器が大きくなっていないときに包皮を引き下ろして皮から亀頭を出すことができていても、性交するためのギンギン状態のときに出そうとしたら、性器全体に圧迫感があって、痛みを感じるようになります。

 

亀頭とペニスの包皮の隙間に嫌な臭いの恥垢がたまるわけですから、余分な皮がある仮性包茎ということなら定期的に皮をめくり下ろして、臭い恥垢を洗ってやるのが不可欠です。どう見ても包皮口が狭くて、ビンビンになると亀頭部分がどす黒い赤色に鬱血で膨らんでしまうようなひどいカントン包茎の状態ならば、大急ぎで手術の計画をたてるほうがいいと思います。

 

仮性包茎だとしても、今までに皮をむくことにしているのでしたら、内側の皮は十分鍛えられていて色に関しても包皮外側と差は見られなくなるので格好悪いツートンカラーにならないことが多いのです。亀頭の部分が感じやすいために、短時間でいってしまう早漏。もっと長時間気持ちよくなるためには、感じすぎる亀頭部分にヒアルロン酸を注射する早漏治療術がおススメです。

 

包皮小帯(裏スジ)が正常と比較して短ければ、包皮が余っていなくても、包皮が亀頭を覆ってしまうのが普通になって悩んでいる方がいることも報告されています。こういったケースでは、包皮小帯による突っ張りを緩和する治療を受けると改善が可能なのです。一般的な病気みたいに健康保険は使えないので自費での支払となるのですが、見た目が我慢できない人は、レーザー、あるいは電気メスによって表面にできたフォアダイスを無くしてしまうことができるようになっています。


このページの先頭へ戻る