静岡県の引っ越し費用を安くする!【同市内間引っ越し】

静岡県同一市内の引っ越し費用を格安に!

 

引越し荷造りの風景

 

同一市内の引っ越し費用を格安で済ませる為には、まず最初に「見積もりサイト」を使うことが条件と言っても過言ではありません!

 

引っ越し見積もりサイトを使ったことが無い人は、どうしてこのサービスが便利なのか分からないと感じることでしょう。

 

サイトを使うべき3つの理由について解説していきます。

 

これを知ると、とりあえず次の引っ越しで試してみようと思われるかも知れません。

 

あなたの引っ越し費用の相場が分かる

 

引っ越しは荷物の量や移動距離によって価格が変わってきます。

 

どの引っ越しも違う値段で比べにくいため、相場を知るのは簡単ではありません。

 

しかし、引っ越し見積もりサイトを使えば簡単に相場が分かります。

 

同じ条件で複数業者に問い合わせられるので、大体の平均的な価格を知れるのです。

 

もしこれを自力でやろうとすると…。

 

  • 複数の業者に何度も同じ説明をしなければならない(ほぼ1日潰れる覚悟が必要)
  • 業者も直接電話してきたお客さんには見積額を高く設定する傾向にある

 

そのため、頑張って複数社に問い合わせて見積もりを出してもらったとしても、見積もりサイトを使った場合と比べると高くなるのは明らかです。

 

費用の比較を複数業者から取れる

 

引っ越し見積もりサイトには、静岡市内の大手の引っ越し業者や地域の業者が登録されています。

 

サイトに必要事項を一回入力したら、最大で10社ほどの業者から一気に見積もりを受け取れます。

 

10社に自分で電話をして、毎回荷物の量や移動距離を説明していたら時間が掛かってしまいます。

 

しかし、引っ越し見積もりサイトを利用するなら数十秒で終わるので楽ですよ。

 

一番安い業者を見つけやすい

 

複数の業者から見積もりが取れますから、価格を比較して一番安い業者を見つけられます。

 

見積もりの内訳を見て、価格とサービスのバランスが良いところを選ぶようにして下さい。

 

引っ越し見積もりサイトを利用すると、業者からの電話連絡がきます。どうしたら上手に対応できるのか解説したいと思います。

 

  • とりあえず訪問見積もりをしてもらう
  • 他の業者に決めたことを伝える

 

見積もりサイトで10社程度の見積額が提示されます。その中から、あなたが良さそうだと感じる業者を3つ程度に絞ります。

 

その絞った3つの業者に訪問見積もりをしてもらい、最終的な価格を確認し、その3つの中から1つに決定するという流れが一般的です。

 

絞った3つ以外の業者から連絡が来た場合は、すでに他の業者に決めたと伝えて下さい。率直に丁寧に伝えれば問題ありません。

 

引っ越しの時期は何かと忙しいものです。業者を選ぶために時間を掛けるよりも、引っ越しの準備に時間を掛けたいと思いますよね。

 

引っ越し見積もりサイトを利用するなら、時間と費用を効率よく活用していけます♪

同一市内の引っ越しで気を付けるべき3つのポイントとは?

同一市内間で引っ越しを行うのであれば、転居届の提出手続きなどが必要になります。

 

近場へ引っ越しする際に気を付けるべき3つの注意点を確かめてみましょう。

 

引っ越し後14日以内に転居届を役所へ提出する

 

異なる市区町村へ引っ越しする場合には、引っ越しの前後にそれぞれ転出届と転入届の提出を行う流れになっています。

 

同一市内間の引っ越しなら転居届の提出だけで済みますが、転居届の提出そのものは引っ越し後にならないと実践できません。

 

さらに引っ越し後14日以内の手続きも欠かせないため、同一市内間の引っ越しでは引っ越し後早めに手続きを終えることが大切です。

 

光熱通信関係の手続きや転送届が引っ越しの必須項目として含まれる

 

光熱通信関係の手続きは電力会社やガス会社のほか、水道局や電話番号の116番に連絡する形で実行できます。

 

ただし、同一市内間の引っ越しであっても、ガス栓の開通には立会いを要するので注意しましょう。

 

また、旧住所宛ての荷物は、郵便物の転送届を活用しないと新住所に転送されません。

 

住所変更手続きを行わないとトラブルにつながる

 

同一市内間の引っ越しでは、いくつか住所変更も手続きしなければいけません。

 

マイナンバーカードに加えて、国民健康保険や介護保険が、役所で行う住所変更手続きの主な対象です。

 

これらの住所変更をしないまま放置していると以下のようなトラブルが心配されます。

 

  • 罰金が科せられる
  • 保険診療が使えなくなる
  • 介護サービスを受けられなくなる

 

役所で住所変更手続きをしない場合には、様々なトラブルが起きてしまいます。

 

同一市内間の引っ越しでも油断せず、自分が行うべき手続きをしっかり見極めてください。

 

普通の引っ越しと同一市内間の引っ越しでは手続きに違いもありますが、手続きの放置がトラブルにつながるところはどちらも変わりません。

 

手続きの手間は他市区町村への引っ越しよりもかかりませんから、市内の近場に引っ越しをするのならすみやかな手続きを目指しましょう。

引っ越し費用を節約する為に不要なものを処分しよう

引っ越しのために必要な荷物をまとめる荷造りの他に、不要なものを処分するための手続きや準備もあります。

 

一般的なものであれば指定の袋に入れて、ごみの日に出すことができるでしょう。

 

しかし処分方法が決められているものもあるため、注意しなければならないのです。

 

不要なものはまとめて捨てる

 

必要や不要かの基準は、人によって異なるかもしれません。

 

ごみに関する準備は自分の基準で進めて良いですが、いずれにしても不要と思うものは手元に残さないことです。

 

不要なものが多いと荷造りの際に余計な荷物が増え、引っ越しの負担が大きくなってしまうためです。

 

新しい生活で必要なものは手元に残し、それ以外のものは思い切って処分してみてはいかがでしょうか。

 

大きなものを処分できれば、作業が楽になるでしょう。

 

ただし家電などは処分方法が法律で決められており、粗大ごみなども専用業者に依頼しなければなりません。

 

費用がかかる場合もあるため、よく考えた上で処分してください。

 

不要なものを現金化できる方法もある

 

現金化によって得た収入は、引っ越し費用に充てられるのではないでしょうか。

 

以下の方法を利用すれば、不要なものを買い取ってくれる相手が見つかるかもしれません。

 

  • インターネットオークション
  • フリーマーケット
  • リサイクルショップや中古業者の買取サービス
  • 動画サイトやSNS

 

インターネット上で利用できるオークションやフリーマーケットのサービスがあり、公式からアプリもリリースされています。

 

商品として価値があると認められれば、買取サービスによる現金化も可能です。

 

また個人で動画サイトやSNSを利用して情報を発信し、相手を探すという方法もあります。

 

あまりにもボロボロで状態の悪いものは現金化に適さないため、現金化には向いていないと覚えておきましょう。

 

使えそうなものはただ処分するのではなく、様々なサービスを利用して商品として価値が認められる場合もあるのです。